6_20110428001708.jpg
10日目(3月13日)
夜行列車は20分ほど遅れて、マドライを出発した。
5時間くらい乗っていたが、その間ほとんど寝ず、知り合ったイケメンのSaket君(アントニオバンデラス似)や、たまたま同席した上品なお爺さんとお話をして過ごした。
この二人は北部出身で現地語での話ができるらしく、、。
お爺さんがこっそりと「日本と言えば、地震があったんだろう?大丈夫なのか?」
みたいな事をSaket君に言うと、
Saket君は「今その話はしなくても良いじゃないか。」みたいな事を言ってたんだと思う。言葉は
全然分からないけど、なんとなくそんな雰囲気だった。
その後、イケメンは地震の事とかは一切話さなず、あくまでも陽気に他の話をしてた。
インドの人でこんなに空気読める人はいない気がする。
やっぱり良い奴だなとしみじみ思った。
お爺さんはなかなか教養のある人みたいで、上品な物腰ときれいな発音の英語で、
「君は原発についてどう思う?君の意見を聞かせてくれ。」みたいな話をしてきたりした。
Saket君に『地球の歩き方』や自分の撮った写真を見せたりして、お喋りを楽しんだり、寝っ転がってるうちに、インド最南端の聖地カニャクマリ(Kanyakumari)の駅に到着した。
駅に着いたのは朝4時半くらいだったか?
まだ夜が明けてないのに、寺から大音響の宗教音楽が聞こえてくる。
町の中心から離れた駅でさえ、聞こえるのだから相当うるさそう(´д`;
Saket君たちの家族はそのまま海岸に向かうというので、ホームでお別れ。
チャイをご馳走になったお返しに、マドライで買ったお菓子をあげて、ハグをしてお別れした。
P3130336.jpg
カニャクマリはベンガル湾、インド洋、アラビア海の3つの海に面した地で、日の出を拝みに来る人がいるので、この時間帯でも駅には人がたくさんいた。
リクシャーを拾い、ホテルの名前を告げる。
リクシャーの運ちゃんがとても親切な人で、「ホテルのフロントで部屋を見て、気に入ってからでお金は良いから。」と言ってくれた。自分が紹介したホテルでもないのに、、。
(まあ、ダメだったらマージンが貰えるホテルに紹介するつもりだったのかもしれないけど。)
ホテルはManickamと言うホテルでエアコン付きで一泊1300 RSくらいだった。(部屋の写真撮り忘れた)
『地球の歩き方』には「ホテルにはバーとレストラン付き」と書いてあったが、そんなものは全く無かった、、。
もう突っ込むのも、飽きてきたぞ、、(--;)
部屋に案内してくれたおっさんがチップくれと言うので10 RSあげたら毒づかれた。こいつ、、何もしてないくせに、、やな感じ~。
部屋はそこそこきれいだったけど、、フロントのスタッフもずーっとテレビ観てるか、寝てて、顔を合わせても完全無視だったので、印象が悪いなあ、、。
P3130370.jpg
でも、窓から見える景色はなかなか良かった。それだけが救いだな。(これは後で撮った写真です。)
ホテルで一休みして、そろそろ夜明けなので海岸に行ってみる事にする。
P3130337.jpg
海岸沿いは夜明け前から日の出を待つ人達でごった返していた。
なんか日本の初日の出を見る感じに近く、拝んでる人もいるのだけど、携帯で写メを撮ってる人も多数。
また、人が集まれば商売が生まれる、、というわけで、
記念写真をデジ一眼で撮って、プリントアウトして売るカメラマンや、サングラス売り、ぬいぐるみ売り、花飾り売り、乞食 などなど。
いろんな人が商売していて、なかなか面白かった。
P3130351.jpg
日の出はかなりきれいだった。
ちなみに海に見えてるのは、ヒンズー教の宗教改革者の記念記念堂と、昔の詩人の像だそうです。
えらい人らしい。
ちなみに
P3130358.jpg

こっちがアラビア海(西)
P3130359.jpg

こっちがインド洋(南)
P3130360.jpg

こっちがベンガル湾(東)
と見事に3つの海が見える。
P3130363.jpg
いちおう聖地なので、海で沐浴してる人も多数。
っていうか、皆、海に入るのが嬉しいのか、はしゃいでて、あまり沐浴っぽくなかったw
日の出も見終わったので、付近を散歩していると変な建物発見。
P3130366.jpg
奇抜すぎる。
写真を撮ってると、警備のおっさんから「おい日本人~せっかくだから正面から撮れよ~(^v^)」と言われる。
P3130369.jpg
正面はこれまた奇抜!!
どうも、ガンディーの記念堂らしいです、、、すげーセンス。
睡眠不足だし、列車の扇風機にやられたのか、喉も痛くなって来たので、ホテルに帰り、昼寝する事にした。
夕方前に起きて、散歩を再開。灯台に登ってみる。
P3130374.jpg
『地球の歩き方』では「必見!!」と書かれていた灯台だが、全然たいしたことなかった。
だってホテルの部屋からの景色の方が全然きれいなんだもんw
カニャクマリは海以外は特に見るところが無い町なのだけど、のんびりするのには良いかもしれない。
小さい町で歩きやすいし、人もそんなにしつこくなくて、けっこう気に入った。
散歩したり、海辺でぼーっとして過ごしてたら日が暮れたので、てきとうに町の食堂的な店に入り、夕食にする。
P3130376.jpg
P3130375.jpg
P3130377.jpg
野菜のビリヤーニ(野菜ピラフ)と、付け合わせのライタ(玉ねぎのヨーグルトサラダ)
トマトスープと、食後の甘~いコーヒー。
またもやチキンは食えなかったけど、ビリヤーニがすごくおいしかったので、満足してホテルに帰った。
ホテルではラジニカーントの出てる映画を観て、一日が終わった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。