19日目(3月21日)
昼ぐらいに起きてリクシャーでスペンサープラザへ行く。
遅い朝飯にまたしてもサブウェイを食う。チキンアチャリサンドを食った。
これで
チキンティッカ
タンドーリチキン
チキンアチャリ
とインドのチキン三種類を食べた事になる。(サブウェイ食い過ぎ)
スペンサープラザ内のネットカフェで震災直後の日本の現状を調べたりして、憂鬱な気分になったりしたり、
マレーシア航空が通常通り動いている事を確認した。
チェンナイの中心地にも飽きてきたが、遠出をするほど体調も良くない。
最終日の事も考えて、もう少し空港に近い下町(?)のT-nagarという地域に移ることにした。
(ホテルの値段もチェンナイ中心地よりも安いかも?と期待しつつ)
ネットでめぼしいホテルを探して、Google Mapの地図をプリントアウトして持って行く事にする。
ホテルの人にT-Nagar行きのバス停を教えてもらって、バスで移動する。
T-Nagar駅のバスロータリーでバスを降りた後、ホテルの地図を見ながらそれらしき地域を30分以上歩き回るが、全くホテルは見つからない (´;ω;`)
そうだ、忘れてたわ、、Google Mapですらあてにならんって事を。
結局、流していたリクシャーを捕まえてホテルの名前を伝えると、ホテルは全然違う場所だった。
ていうか、すげー遠いんですけど。
、、、なんとかホテルに到着。
P3240502vistana.jpg
Vistana Hotel
一泊1800RSくらいだったかな?
エアコン付きでベッドも大きいし、けっこう立派なホテルだった。(テレビのリモコンは壊れてたけど)
少し値段が高めなのと場所が不便なのがなければなあ、、。
T-nagarは小さな商店が並ぶ落ち着いた地域で、メシ屋はホテルから歩いて行ける範囲にあるし、
体調も良くないので最終日までこのホテルでゆっくり過ごす事にする。
P3220500.jpg
ホテル近くにSaravana Vawan(インドのファミレスみたいなもん)があったが、
お腹も本調子ではないので、夕食は軽めにプーリーにしておいた。
夕食を食ってホテルに帰ってくると、部屋の中に鍵を閉じ込めてしまった事に気付いた。
フロントに行ってその事を伝えると。
フロントの人は「そこにいるオーナーがマスターキーを持ってるからオーナーに言ってくれ。」と言われる。
(オーナーは目の前にいるのに)
オーナーにもっかいその事を話すと
オーナーは 「鍵を閉じ込めた!? そいつはいっぱいチップを貰わないとなあ!!」
と言ってきたので
僕が「マジで!?((゜д゜))」と返すと、
オーナーはバカ受け。 大笑いしながら「冗談、冗談。」と言って鍵を開けてくれた。
このオーナーはとにかく冗談好きで明るく、ニコニコしていて、今までみたインド人の男性の中ではかなり人相が良かった。
P3240026.jpg
(右から2番目の黄色いシャツのおっちゃんがオーナー。)
僕がカメラを持っている事が分かると、オーナーは部屋の写真を撮って欲しいと頼んできた。
なんでもホテルのWebサイト用に写真が必要なんだとか、、
まあ、明日一日どうせ寝てるだけで暇なので、明日撮ってあげると約束して、その日は寝る事にした。
(今思えば撮ってあげる代わりにホテル代安くしてもらえば良かったな、、)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。