リセットから7日間経過した昨日、ヤマトヌマエビ1匹がライト点灯前に死亡。
そして今日、もう1匹もひっくり返って足をバタバタさせている。
(魚も底でじっとしている事が多い。)

というわけで、水心SSPP-3Sからのエアチューブを分岐して、エアストーンでのエアレーションも追加する。
(底面フィルターのエアーは変わらず弱めだが、エアストーンの方は全開でエアレーション。)

水温はずっと25℃キープなので、原因は外部&底面のバクテリア、魚と水草の夜間の呼吸で水草の酸素供給が追いつかなくなったかな?

リセット後7日目での現象なので、バクテリアが定着して、一気に酸素消費が増えたのかもしれないね。

わざわざエアチューブ分岐などせず、単純に底面フィルターのエアーを全開にしても良いのかもしれないが、底面の通水量を増やして、保肥性が悪くなっても困るので、、、。

 

水槽データ
水槽サイズ:45×30×30cm
照明:エーハイム7W LED ×2灯 (12時間)
底床:プロジェクトソイルエクセル
水温:26℃
CO2添加:なし
エアレーション:水心SSPP-3S から分岐。エアストーンは全開&底面フィルターはごく弱め
肥料:イニシャルスティック 規定量、 水換え時にフローラプライド 規定量
ろ過:VX-60(エーハイメック&サブストラットプロ)、バイオフィルター45(エアー量はごく弱め)
生体:ホワイトフィンロージーテトラ×4、 ブラックネオンテトラ×2、 ハセマニア×1、 オトシンクルス×1、 ヤマトヌマエビ×1
水草:アマゾンソード、エキノドルステネルス、アマゾンチドメグサ、アナカリス


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。