7日目(4月10日)

今日はハンピの遺跡をじっくり見て回る事にする。
まずはVijaya Vittala Temple に歩いて向かう。

03
村はずれの道を歩いていると、突然大きな猿に横切られてビビる。
ハヌマンラングールという種類でハンピ周辺にいっぱいいる猿のようだ。
手足が長くて大きいので少し怖いが、、人の物を取ったり、攻撃してきたりしないお利口さん。

04
もう一種類、ニホンザルに似た感じの猿もいる。(写真のは子供だけど)
こっちは食べ物が欲しいのか寄ってくる。

ハンピでは食べ物が豊富なのか、人、牛、猿、犬、鶏がごちゃ混ぜに共存しており、
この雰囲気がまた、のどかで良い。

05
家庭で出る残飯や生ごみは、家の真横に捨てられていて、朝になると、ねぐらから出てきた牛達が托鉢のように
各家庭を廻って、それらを食べていく。
牛達は食べ終えると、村の外の草が生えているところに移動して、そこで草を食べながらウンコ(肥料)を出す。
(当然ながら、玄関先や通りにウンコしている牛もいるけど(´д`;)

いうなれば天然の生ごみコンポーザーのような物で、
焼却炉で灰にしてしまうより、よっぽど無駄が無い気がする。

06

07
村からVijaya Vittala Temple に向かう途中の道とトンネル。
岩が大きすぎて、遠近感がおかしくなる。

途中にもいくつか遺跡が。

08

09

10

小一時間歩いて、ようやくVijaya Vittala Temple に到着。

12

13
チケットを購入して中に入るのだが、驚いた事にチケットのデザインが全国共通っぽくなっていた。
4年前にインドに来た時は、紙切れのような簡単なチケットで、ガードマンがインチキをしたりしていた。
インド政府は観光にも力を入れているようなので、その一環かもね。
(そして外国人料金をしっかり取るのがインドらしくて、良い。)

朝イチだったので、あまり人もおらず、素晴らしい彫刻を堪能できた。

14
立派なChariotと正門。

15

16

17

しばらくして観光客が入りだして、、お約束の『写真撮って』攻撃が始まる。

18

18b

19

20
このおっちゃんは「1人だけでもう一回撮ってくれ!」との事で単体撮影w

一通り、見終わったので、外に出る。

21
バザールがあった跡地。
この人達どこに行くんだろ?

22
よく見ると柱の建て方が結構いいかげん。

21b
そしてまたも写真を撮らされる。

そのまま歩いて別の遺跡へ向かう事にする。

24
途中にもこんな遺跡がゴロゴロと。

ちなみに足の下は巨大な一枚岩。
信じられないほど巨大な岩の上に、土や岩が重なって丘ができている。

25
反対側を見ると村の寺院が遥か遠くに見える。

暑いなか歩いて、ようやくAchyutaraya Temple に到着。

26

27

28

30
やはり彫刻がすごい。

まだ午前10時半くらいだが、酷い暑さ!
朝メシも食ってなかったので、そろそろ村に帰る事にする。

31
来た道をまた戻って、村へ。

32

33
Mango Treeにて昼食。
じゃがいもとカリフラワーのカレーとライタ。

昼食後はホテルでのんびり昼寝をして、暑い時間帯をやり過ごして、
夕方から村の近くを散策してみる。

34
村の南側の丘から、村にあるVirupaksha Temple を見下ろす。

34b
丘の上には巨大な岩がゴロゴロ。
こんなのが村に転がっていったら、家が潰れちゃうぞ。

35

36
村の入口に祇園祭に出てきそうな山車があった。
話を聞くと祭で使ったChariotだという。

Vijaya Vittala Templeにも石のChariotがあったし、やっぱり神様の乗り物なのかな?

37
ガネーシャ像。

38
Sri Krishna Temple

39

40
ナラシンハ像。

41
柵がナラシンハになっていて、かわいい。

42
シヴァ・リンガ。おっきい( ´ー`)

43
Virupaksha Templeの裏側。
どういう工事になっているのか分からんが、、なんかすごい。

川に行ったら、みんな洗濯してたり、行水してたり、釣りをしていたり自由このうえない。

44

45

46
でも、実は川の水はけっこう汚い。
生活排水が流れこんで、富栄養化しているのかアオコだらけだ。

47
川原の岩には石材を切り出した痕や、彫刻がいっぱい残っている。
こういうのを見るのも当時の作業風景を想像できて楽しい。

48
バイクに座るハヌマンラングールたち。
動作が人間っぽくて、面白い。

こんな感じで、のんびりとしたハンピの一日が終わった。

この日の出費
ホテル 1000ルピー
昼食 250ルピー
夕食 290ルピー
水 20ルピー
入場料 250ルピー
—————————
計 1810ルピー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。