8日目(4月11日)

夜明けとともに散歩を開始。
川に行ってみる。

01

02
日の出とともに沢山の人が来ていた。

03
川の反対側に渡る定期船がまだ出ていない時間だったので、このザルみたいな渡し船に乗せてもらう。

04
100ルピーなので定期船より高いのだけど、面白そうなので一回乗ってみるのもアリかも、、と思っていたのだが、
乗り込むと、既にくるぶしくらいまで浸水していて、足と尻が思いっきり濡れる(´д`;)
まあ、そのうち乾くだろう。

05
人力で一寸法師のように川を渡してもらう。
その後、渡し船はまた元の場所に戻っていった。

06
川の反対側はまた少し景色が違って見える。
甲羅干し状態のおっさんがいたり。

07
こっちの方が手付かずな感じの川原が残っている。

08
この小道を見て、「人も来てないし、奥に行けば良い写真が撮れるんじゃね?」と思いつつも、
子供の頃、日本でも似たような場所でよく蛇が出たのを思い出したので、用心して歩いていくと、
全長2mくらいのキングコブラが目の前を横切って行ったので、早々に引き返す事にする。

やっぱり現地の人が入って来ないような場所に、入り込んではいけないんだなと反省。

それにしても野生のキングコブラ、、日本のシマヘビと比べると、とても大きく、神々しくて美しかった。

09
川の反対側にはヤシの木が生えていたり、畑があったりして、また雰囲気が違う。

ゲストハウスやレンタルバイク屋もあったりした。
(今思えばレンタルバイク借りるのも良かったなあ)

ひととおり散歩を終えた後、定期船に乗って村側に戻って、Mango Treeで朝メシを食う。

10
チーズオムレツとトースト。
なんか想像してたチーズオムレツと違うが、、まあいっか。

宿に戻る途中の道で、おばちゃん達が玄関の地面におまじないの文様を描いていて、面白かった。

11

12
いろんな文様があって面白い。

宿で一休みした後、今日は昼間も出歩いてみる事にする。

昨日見れなかった遺跡をいくつか見に行こうと思っているのだが、
どの遺跡も歩いて行ける距離じゃないし、場所もバラバラなので、いちいちリクシャーを掴まえるのが面倒そうだなあ、、
と思いながら村の入口でリクシャーを探していると、わりと人相の良い運ちゃんを見つけたので声をかけてみた。

行きたい遺跡の名前を全部伝えると「全部回って700ルピーで良いよ。」と言う。

いちいち別のリクシャーを掴まえて細かい値段交渉する手間を考えると、
多少高くても、ちゃんとした運ちゃんを1日借り切ってしまった方が良い。

というわけで、この運ちゃん(Jeelanさん)にいろいろ連れて行ってもらう事にする。
(まあ、今考えるとレンタルバイクを借りた方が安いし、自由に動けるんだが、
いろんな話も聞けたので、このリクシャーで良かったと思う。)

13
Lotus Mahal
イスラム様式の宮殿。
ハンピに首都を置いていたヴィジャヤナガル朝には、ヒンズー教徒とイスラム教徒が共存した時代もあったようで、
両方の建築様式が見られる。

13b

14
Elephant Stables
王国が持っていた象を飼育していた場所らしい。
これもイスラム様式。
今は神像が展示されている。

15
Queen’s Bath
女王の浴場。超広い!

15b

16
階段井戸
水道橋みたいなのが通ってる。
中は立ち入り禁止らしい。

17

18

19

20
Hazara Rama Temple
彫刻が素晴らしい。

21
Kamalapuram Museum という博物館にも連れて行ってもらう。
模型を見ると、さっき見た宮殿や階段井戸があった。
かなりの巨大都市だったようだ。

22
当時の武器。

23
ナーギニー。ナーガの女性形だね。

24

25
Jeelanさんオススメの絶景ポイント!
残念ながら曇ってたけど、結構高い場所から荒野を一望できる。

ちなみにここのGoogle Mapの360°ビューが面白かった。

26
兵士のための食堂。
真ん中の通路を給仕係が歩いて左右の食卓に食事を配っていたらしい。
この食卓に使われている青っぽい石は遠方から象で運ばせた物らしい。
(ヴィジャヤナガル朝は900頭以上の象を持っていたとも言われている。)

27

28
Underground Siva Temple
地下というよりは、地盤が低く、浸水している。
小魚が泳いでた。

こんな感じで観光終了。
知らない場所とかも、Jeelanさんに色々教えてもらえたので良かった。

また、翌日チトラドゥルガに行く方法も相談できた。

Jeelanさんによると、列車は遠回りなので、バスの方が時間がかからないし、安いとの事。
(たしかに地図で見ると線路が遠回りしている。)

バスセンターで正しいバスを探せるか不安なので、Jeelanさんにバスセンターまで送ってもらい、
一緒にバスを探してもらう事にする。
翌朝、宿に迎えに来てもらう約束をしてJeelanさんと別れた。

宿に戻って昼寝をしてから、夕方にぶらぶらと散歩。

29

30
Virupaksha Temple で飼われてる象かな?
川に行った帰りのようで、寺院に戻っていった。

夕暮れ時なのに皆 Virupaksha Temple に入っていくので、中に入ってみる。

31

32

33

皆、地面に座って喋ってる。夕涼みに来ているのかな?

今日もまた、こんな感じでまったりと一日が終わった。

この日の出費
ホテル 1000ルピー
リクシャー貸切 700ルピー
昼食と夕食 約500ルピー
水 20ルピー
渡し船 100ルピー
入場料 250ルピー
—————————
計 約2570ルピー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。