外部フィルターが壊れて水作エイトSを応急処置で使っていたが、
すぐに水作エイトコアK-M(水作エイトMのコケカットカートリッジ付き)に変更。

旧製品よりメンテナンス性が上がっててグッド。

とりあえず、45cm水槽の中での存在感がすごいので、流木で隠す事にする。

エアー量は水作の公式動画を参考にしてみた。

https://www.youtube.com/watch?v=JTMZEsB4ilM

そして一週間経過。水質を測ると硝酸塩(NO3-)がわずかに増えて、10mg/L に。
それ以外は全く問題なし!
ただしエアー量が少ないのか、魚は発色が落ちて、少し元気がない。

というわけで、試しにエアー量を最強にして、一週間後、、どうなっているか試してみる。

エアー量を最強にして一週間経過したが、やはり硝酸塩(NO3-)は同じく10mg/L 検出。
どちらにしてもあまり変わらないなあ、、

※水槽データ※
水槽サイズ:45×30×30cm
照明:エーハイム7W LED ×2灯(18時~2時(8時間)
底床:大磯砂、コントロソイルパウダーのミックス
肥料:ごく一部にイニシャルスティック
水温:25℃
CO2添加:適当
エアレーション:水心SSPP-3S(常時稼働)
餌:テトラプランクトン(2日に1回)
ろ過:水作エイトコアK-M
生体:コロンビアメタエ・ワイルド×8、ラミーノーズテトラ・ワイルド×9、
プルッカー・ワイルド×3、ホワイトフィンロージーテトラ×1、
ブラックネオンテトラ×1、ヤマトヌマエビ×3
水草:エキノドルス・ウルグアイエンシス、
アマゾンチドメグサ、南米ウィローモス


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。