底面&大磯だとどうしても硬度が高くなってしまい GH 8d、KH 6d くらい。
おまけに底面フィルター上のウールマットのせいか(?)
大磯の粒が細かいせいか(?)
フンが大磯の上に溜まりがちで、コケコケになりがち。

そしてやはり水草の調子がよろしくないのでリセットする事にした。(光量不足の気もするが)

まずはテトラ コンプリートサブストレイトを2cmほど敷いて、
その上に規定量のイニシャルスティック&クリプトを追加。(テトラ信者か)
その上に元々の大磯をよく洗って3cmほど敷く。

サブフィルター&水質調整にはコトブキのプロフィットフィルターX3を使用。
(フチあり水槽だとこれしか選択肢はない)
ろ材BOXに余っていたエーハイメックを入れ、
純正の活性炭マットは外してブラックホールに変更。
(フィルターの上フタを付けると共振して煩いので、上フタなしで使用)

メインのフィルターは水作エイトコアMだが、、やはりでかくて邪魔だな。
外掛けと併用だし、ろ過能力が充分なら、水作はSサイズでも良かったかも。
(ていうか、素直に上部フィルターでも良かったかも)

※水槽データ※
水槽:コトブキ KC-450M(45×30×30cm/35L)
照明:コトブキ フラットLED400(19時~3時(8時間)
底床:水作 大磯砂3cm、テトラ コンプリートサブストレイト2cm
固形肥料:テトラ イニシャルスティック(規定量)、テトラ クリプト(規定量)
調整剤:水換え時にテトラ PHKHマイナス1ml、テトラ バイタル2.5ml、エーハイム4in1 2.5ml
CO2添加:なし
ろ過:水作エイトコアM、コトブキ プロフィットフィルターX3
エアレーション:水作 水心SSPP-3S(エアー最小で常時稼働)
水温:25℃
餌:テトラ プランクトン(2日に1回)

生体:コロンビアメタエ・ワイルド×6、ラミーノーズテトラ・ワイルド×7、
プルッカー・ワイルド×3、ダイヤモンドテトラ・ワイルド×3、 ヤマトヌマエビ×3
水草:エキノドルス・ウルグアイエンシス、アマゾンチドメグサ、アナカリス、南米ウィローモス、エキノドルス・テネルス


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。