リセットから1ヶ月10日経過。

アマゾンチドメグサ、アナカリスは枯れもせず、育ちもせず。
ウィローモスは枯れてはないけど、活着できていない様子。

黒髭は発生しないけど、、1週間もするとガラス面が緑コケに覆われる状態。

やはりフラットLED400が1灯では光量が足りんかな?

ガラスフタを外して、照明時間を10時間にしてみるも、水の蒸発が早くなるばかりで水草には効果なし。

考えてみれば、エーハイム7Wx2の時は合計14Wでしかもスポット(素子x1が2灯)なので直進性の強い光が底まで届くわけで、、
フラットLED400の7Wは素子の数がたくさんで7Wなので、1素子あたりの光量は少ないのかな、、。

蛍光灯のクリップライトにするか、、フラットLEDを増量するか、、悩み中。

※水槽データ※
水槽:コトブキ KC-450M(45×30×30cm/35L)
照明:コトブキ フラットLED400(17時~3時(10時間)
底床:水作 大磯砂3cm、テトラ コンプリートサブストレイト2cm
固形肥料:テトラ イニシャルスティック(規定量)、テトラ クリプト(規定量)
調整剤:水換え時にテトラ PHKHマイナス1ml、エーハイム4in1 2.5ml
CO2添加:あり(適当)
ろ過:水作エイトコアM、コトブキ プロフィットフィルターX3
エアレーション:水作 水心SSPP-3S(エアー最小で常時稼働)
水温:25℃
餌:テトラ プランクトン(2日に1回)

生体:コロンビアメタエ・ワイルド×6、ラミーノーズテトラ・ワイルド×7、
プルッカー・ワイルド×3、ダイヤモンドテトラ・ワイルド×3、 ヤマトヌマエビ×3
水草:エキノドルス・ウルグアイエンシス、アマゾンチドメグサ、アナカリス、南米ウィローモス


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。