エキノドルス・テネルスを使って、底床と肥料の実験をしてみた。

1:ソイルのみ。(ドクターソイル)

2:大磯+コンプリートサブストレイト

3:大磯+イニシャルスティック

4:大磯+コンプリートサブストレイト+イニシャルスティック

5:大磯+ピートモス+イニシャルスティック

6:ソイル+イニシャルスティック

 

んで、2週間後

 

2週間経過の時点では

5:大磯+ピートモス+イニシャルスティック

6:ソイル+イニシャルスティック

の2つがテネルスが快調なように思えたが、、、、

 

1ヶ月したら、、

 

 

5:大磯+ピートモス+イニシャルスティック

は モズク状のコケまみれ。(アオミドロに近い?)

 

6:ソイル+イニシャルスティック

は 同様のコケが葉に付きだしていた。

 

そして

4:大磯+コンプリートサブストレイト+イニシャルスティック

が最もコケが少なく、テネルスが快調になった。

 

興味深いのは、

2:大磯+コンプリートサブストレイト

はモズク状のコケが大量発生。

 

3:大磯+イニシャルスティック

はテネルスがさほど育たなかった。

 

つまり、、コンプリートサブストレイト、イニシャルスティックは単体よりもコンビで使った方が良かったって事かな?

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。